skip to Main Content

「家づくり」:省エネと耐震化(耐震等級3)は住まいの基本性能です。

人と環境にやさしい家づくり=ZEH

ますます急がれる「地球温暖化防止対策」。
指田建設では人・環境にやさしい「高性能住宅」を推奨しています。

2016年度に「高性能住宅(FPの家)」を建築いたしました。
今後も「創エネ」設備を加え、住まいのエネルギー消費量が「ゼロ」となる「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の提供を推し進めてまいります。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は経済産業省・資源エネルギー庁により「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」として定義されています。

もう少し簡単な言い回しに置き換えると、

  • 外壁の断熱性を向上(温度変化が少ない気密性の高い構造)
  • 24時間計画換気システムの導入
  • 太陽光発電などの効率の高い設備を導入(収入となる側、売電なども含む)
  • 電力、ガスなどのエネルギー利用を削減(支出となる側、電気・ガスの購入)

これらにより1軒当たりの一次エネルギー消費量を「プラスマイナスゼロ」にすることで「ZEH」として認められます。

指田建設では高断熱・高気密の「FPの家」を中心に住宅のZEH化に取り組んでいます。

指田建設の実績と目標

2016年度よりZEHに取り組んできた指田建設。

これからも人と環境にやさしい家づくりを目指します。

<実績と目標>

  • 2016年度:建築数・1棟(FPの家) 普及実績・0%
  • 2017年度:建築数・0棟 普及実績・0%
  • 2018年度:建築数・1棟(断熱化住宅) 普及実績・0%
  • 2019年度:建築数・0棟 普及実績・0%
  • 2020年度:ZEH普及目標・50%

補助金でさらにお得に

ZEHの住宅を建てるとき、お得なのは電気代やガス代だけではありません。

新しくZEHを建てるときやZEHの基準を満たす住宅に改修する際には国からの補助金の支給対象となります。

補助金には様々な対象や支給要件がありますので、ZEHをご検討の方は指田建設にご相談ください。

リフォーム・修繕から新築まで 指田建設へのお問い合わせ 住まいと暮らしの無料相談実施中

指田建設が考える「快適な住まい造り」とは?!

快適な住まいを造るには – 01/07

↑ この画像(クリックしてみてください。) 「快適で省エネな住まい」を提供する為…

快適な住まいを造るには – 02/07

「快適な住まいを造るには?」の2回目。 まず1年を通して見たとき私たちの体はどん…

快適な住まいを造るには – 03/07

「快適な住まいに近づける条件」 1. 「断熱材」や「サッシ」、しっかりした物を使…

快適な住まいを造るには – 04/07

「快適な住まいに近づける条件」 1. 「断熱材」や「サッシ」、しっかりした物を使…

快適な住まいを造るには – 05/07

「快適な住まいに近づける条件」 2. 住まい全体の「すきま風」を限りなく = 0…

快適な住まいを造るには – 06/07

「快適な住まいに近づける条件」 とは 3. 正しく空気を入れ替えること。 (水槽…

快適な住まいを造るには – 07/07(Fine)

6回にわたり「快適な住まいを造るには」をテーマに書かせて頂きました。出来るだけ広…

快適な住まいを造るために(おまけ)

今回は7に渡った「快適な住まいを造るには」の「おまけ」です。   (当たり!があ…

住まい造り + (微動探査)

今では住まいを建築する際、「地盤調査」を行い事前に地盤の強さを知る事が 当たり前…

出来る温暖化対策 (省エネ住宅)

今年奄美・九州地方を通っていった「台風10号」。先に通り過ぎた9号の影響で予想よ…